国語専門のマンツーマン個別指導塾(自由が丘・国分寺・用賀・オンライン)

大学・高校受験 合格実績 中学受験 合格実績 オリジナル教材の説明

オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ


オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ



◇Orabella Ruby / オラベラルビー 。シーズン限定のオーバージーンカラーのスエードアンクルブーツは、ワードローブの必須アイテム。伸縮性のあるパネルで着脱もスムーズです。3.5cmのブロックヒールで安定した歩きやすさ。ラバーポッドの付いた薄めのソールで滑りにくく、レザーの中敷きとCushion Plus?テクノロジーの組み合わせが最高の履き心地をもたらします。[Cushion Plus] 歩行の際に体重の2.5倍の圧力がかかると言われている母子球部の衝撃をピンポイントで吸収し、負担なくブレの無い快適な歩行をサポートするクラークス独自の技術。※シューズボックスおよび本体に表記されているサイズはUKサイズになります。「CN」は中国サイズの表記で「?(センチメートル)」ではございません。別カラーはこちら! Black(ブラック)・ 商品番号: CL915BW12598・ ブランド商品番号: 26137879 Purple・ ブランド名: Clarks・ 色: Purple・ 原産国: ベトナム・ ヒールの高さ: 3.5cm・ ヒールの型: 太めヒール・ トゥタイプ: ラウンド・ 靴幅: 2E(普通)・ クロージング: ジッパー・ 表素材: 本革・ ブランドの紹介: 1825 年、サイラスとジェームスのクラーク兄弟によってイングランドで設立されたブランド、Clarks(クラークス)。180年を越える歴史を経て、カジュアルシューズの原点に位置付けられる世界的なブランドへと成長しました。Clarksの代名詞とも言える、デザートブーツやワラビーはもちろん、常に履きやすさと快適さを追求したシューズをラインナップしています。

オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ


オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ,レディース レディース靴!!シューズ メンズ PMS30413 DK DENIM 559!

オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ.レディース Dr.Martens,【zzi】【返品不可】 ナイキ プレミアム キルティ SB メンズ HAWAII ダンク,,モノグラムマルチカラー 【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン.!レディース Dr.Martens,.

4 カラー Triones.レディース 日本未入荷.

クレイドル Dr.Martens.

オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ!!ディスクパッド Z1559329 最安挑戦!

レディース Dr.Martens?レディース Dr.Martens.レディース Dr.Martens.レディース Dr.Martens?レディース Dr.Martens,.レディース Dr.Martens??左 HD店 カワサキ純正,オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ,レディース 日本未入荷!?オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ.

オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ!, サンゲツ 住宅用クッションフロア..


オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ,オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ レディースシューズ



オラベラルビー (オーベルジーンスエード) 靴 Orabella Ruby / ブーティ


ブログ新着記事一覧

-->

直井メソッド国語専門塾の指導方法(約5分)

-->

国語力が身につけば、人生が変わるかもしれません。

国語力が芽吹くイメージ

「国語は勉強方法がわからないから、どうにもならない」なんて、思っていませんか?

でも、国語はすべての教科の基礎。国語ができれば、そんなに勉強しなくても、いつも成績はトップ。

中学受験、高校、大学受験でも、国語が高得点だったら、苦労することはありません。

文系の入試に役立つのはもちろん、理系だって、国語が出題される国公立や東大が狙えます。

社会人になってからも、資料を読む時、企画書を書く時、プレゼンテーションする時など、ずっと役立つのが国語力。楽しく仕事ができて、会社でも一目置かれる。なぜなら、相手の話や文章を正確に理解でき、また一方では、自分の考えを上手に伝えられるからです。つまり、どんな仕事でも、その基本は国語力にあるのです。 

どうですか?国語力があれば、人生が変ってしまうかもしれませんね。

それほど大事だからこそ、私たちは、お子さんの国語力をしっかり伸ばす方法に、徹底的にこだわりました。

保護者の方から、こんなお便りをいただきました。

国語が得意になって、全教科の成績がアップ!

国語の成績が成長すると、木々の枝のように他の教科の成績も向上するイメージ

もともと国語が嫌いだったので、このまま国語が苦手になって欲しくない、という思いで通塾を始めました。

月3回の授業に通い、宿題にも一日ほんの30分程度取り組むだけだったのに、学校の読解や漢字テストでも、特別な勉強をしなくても常に100点近く取れるようになりました。

本にも興味がなかったのに、今では読書の習慣もばっちりつきました。

4年生になるので、国語が難しいといわれる大手の進学塾に通い始めましたが、そこでも楽に問題に取り組めています。今では国語が得意!と言っています。

そして学校の成績が、国語のみならず、社会や理科、算数も全部がびっくりするほど上がりました!

学校の先生からは、お話の仕方が変わった、きちんと話せるようになった、との評価もいただけました。

国語の力をしっかりとつけておくと、ほかの教科も相乗効果で上がっていくと聞いてはいましたが、本当だなあ、と実感しました。

毎回授業がある日を楽しみにして、宿題も毎日進んでやるようになっています。

早く始めておいて、本当に良かったです。

T.K君のお母様より

必ず国語力が伸びるカリキュラムと教え方

どんなに国語が得意な人でも、生まれつき国語ができたわけではありません。国語とは、「日本語の書き言葉の言語体系」。それを、母語(ぼご:考える時に使う言語)として、後天的に学んでいるのです。

幼い頃の言葉の学習能力は、誰でも同じ。だったら、どの子もみんな、国語ができるはずなのです。 

直井メソッド国語専門塾では、「国語が得意になる」学習過程を綿密に分析し、誰でもスムーズに国語力を身に付けられる方法を開発しました。国語を語学として科学的にとらえ、自然に身に付くやり方で教える。

それが、直井メソッドの国語教育法です。

1.国語力診断 現在の国語力を測り、ぴったりのテキストと指導方法で教える。
2.マンツーマン授業 思考力を会話によってフルに引き出し、しっかり学習成果を出す。
3.構造読解法® テストの点が取れる読解法を練習する。
4.漢字記憶法 覚えるだけでなく、「使える」語彙として漢字を学ぶ。ごい
5.読書指導 到達度別蔵書の貸出で、楽しみながら読書習慣をつけ、
教養としての読書ができるようにする。
6.表現作文 オリジナル教材「スターシート」を使って、表現力・思考力を
伸ばしながら、自然に作文力が身に付くようにする。
7.現代文暗唱 書き言葉の文法を「自然に使える言葉」として身に付ける。
8.母語教育法ぼご 新しく学ぶ言葉を、自分で使える言葉に変える。

※ それぞれの詳しい説明については、「無料体験授業&国語教育相談」でお尋ねください。

これだけ専門的な方法で国語を教えていますが、当の生徒さん、学生さんたちは、「えっ、これが勉強なの?」と、とても楽しそうに取り組んでいます。国語がよくわかる。そして、いつの間にか国語ができるようになっている。そんな授業の進め方をしています。

まずは、無料体験授業・国語教育相談をお申込み下さい。

直井メソッドのマンツーマン授業は、お子様の現在の国語力に合わせたオーダーメイド。講師との会話によって思考力が引き出され、「わかった!」「できる!」という自信を持っていただけます。授業の後、お子様からは「これが国語の勉強なの?楽しかった!」という感想をよく頂いております。そして、ここからが、国語力アップのスタート。

国語はすべての教科の基礎なので、早く始めれば、学校のテストは100点が当たり前になり、受験でも苦労しません。遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルになってしまいます。早めのスタートをお勧めします。

※マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。
空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。

著書のご紹介

 

マスコミ掲載履歴


2017年7月

業界誌「塾と教育」の特集「これから必要とされる国語力とはなにか?-思考力、判断力、表現力、読解力、記述力を養うために-」に、当塾の記事が掲載されました。

 

 

2012.05.19

「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

 

 

2012.03.20

朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

 

 

2010.06.17

「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

 

 

2008.05.15

TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

 

 

2008.05.15

産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。